♪南国・南紀いらっしゃいませ♭

南紀の“ほっと”な観光資源や地域情報!そして、音楽情報や交流について口熊野・上富田町から発信しています!                            by  南紀おやじバンドコンテストスタッフ & バックステージドリーマーズ

南紀おやじバンドコンテストWEB  http://nanki-oyajiband.com/

バックステージドリーマーズのToMです。ピアノの弾き語りの宝子さんはCDをリリースされているだけあって、非常にクォリティが高い歌唱と演奏で会場を魅了していただけました。カバーやオリジナルを交えて透き通るような歌声がとても印象的でした。宝子さんHP→http://takarak ...

バックステージドリーマーズのToMです。みのバディ&千安季さんは、なんと6年ぶりのライブというバンドさん。再び唄い始めた千安季さんのお話を聴くと、止めた事、始めた事、家族も、音楽も、それぞれ大切な人生の一部なんだと感じます。娘さんの声援が心を和ませてくれまし ...

西日本を中心に記録的な大雨となりましたが、過去には被害が大きかった地域から出場いただいたバンドさんもあり、ご心配申し上げています。バックステージドリーマーズのToMです。さて、フライヤーの写真でも気になっていた方も多いと思いますが、その独特な風貌から、どんな ...

バックステージドリーマーズのToMです。続いては前回のLIVELOOPでも演奏されたCloud-cuckoo-band(クラウドクークバンド)さんです。前回の出演時に即席で結成されたということですがその時に演奏された山下達郎氏の「アトムの子」を聞いて、「この曲ってこんなにカッコ良か ...

バックステージドリーマーズのToMです。記念すべき10回目のLIVELOOPは主催のCOLOR LOOP with 田渕仁さんの演奏で幕開けです。思えば、お二人が初めて南紀おやじバンドのステージに立ったのが2012年の第6回目で、もう6年も経つのですね。今回のハイライトは何と言っても ...

バックステージドリーマーズのToMです。恒例となってきた感のある”行ってきましたシリーズ”ですが、最近良くお誘いいただいているCOLOR LOOPさんが主催する、「LIVE LOOP」の第10回目へお邪魔してきました。会場は前回に引き続き、和歌山市紀三井寺にあるレストランカフ ...

南国・南紀の管理人 浜紀(hama-nori)です。 皆さま、お待たせしました! いよいよ第12回南紀おやじバンドコンテストの開催決定です。 そして、出演バンドの募集を開始します。 全国のバンドの皆さま、ご応募お待ちしています。 http://www.nanki-oyajiband.com/index.h ...

南国・南紀の管理人 浜紀(hama-nori)。  「で、今年の南紀のオヤジバンドはどうなの?」 『さあ、まだ聞いてないなあ。』  「ところで、オヤジバンドのブームはまだ続いてるの?」 『一時よりは、おさまったかな。最初は“おやじ”という言葉に抵抗があったバンド ...

バックステージドリーマーズのToMです。長らく連載(?)してきました新開地音楽祭のレポートもようやく最終回です、お付き合いありがとうございました。最終回を飾るのは南紀おやじバンドコンテストのエントリーバンドさんではないのですが、3月に行われたイベント「COLOR ...

バックステージドリーマーズのToMです。まだまだ続く新開地音楽祭のレポートですが、二日目はなんと雨!しかも本降りです。(涙出演バンドさんももちろんですがスタッフさんも大変ですね~。ここら辺は野外イベントの大変なところでしょうか。さて、先日の高槻ジャズストリー ...

バックステージドリーマーズのToMです。各バンドさんの撮影写真については、お渡しさせていただいた名刺のメール宛に御一報くだされば、ダウンロードリンクのURLを折り返しお知らせいたしますので、よろしくお願いいたします。また、ブログに掲載させていただいた写真のうち ...

バックステージドリーマーズのToMです。艶やか&ゴージャスな泥酔シスターズ楽団さんの次は、同じBIGMANステージでの「モーLet’sプリンセス」さんを観てきました。モーLet’sプリンセスさんはバンド名から察するとおりプリンセスプリンセスのカバーバンドで、以前には「すろ ...

バックステージドリーマーズのToMです。THE CHOICE さんの興奮も冷めやらぬままに、次の目的「泥酔シスターズ楽団」さんの会場へダッシュです。(汗おやじバンドと銘打つだけあって、当然南紀おやじコンテストはおやじ度数が高い、非常に高い。そんな中で歴代1,2を争うほど ...

バックステージドリーマーズのToMです。一昨年に鮮烈なトップバッターを飾っていただいたTHE CHOICEさんですが、撮影時のことは今でもはっきりと覚えています。思い起こせば、私がコンテストのために撮影機材を総取り替えして初めて撮影させていただいたバンドさんであり、不 ...

↑このページのトップヘ