南国・南紀の管理人 浜紀(Hama-Nori)です。

 わかやま国体では、少年男子サッカーの和歌山県チームが健闘しました。(場所は上富田スポーツセンターで開催)
 私は会場には行けなかったのですが、準々決勝まで3つの試合を全て1点差で勝ち抜いていたのです。残念ながら、準決勝では福岡県に敗れてしまいましたが、3位決定戦では見事勝ち抜いて、国体での総合優勝に向けて貢献してくれました。これは、国体での和歌山県・少年サッカー史上初のことだそうです。 

 昨日は、普段は見ることのない空手を見学・・。
 「組手」と「形」の競技があり、全国から選手が白浜に集っていました。
 (入場曲のひとつに、甲斐バンドの♪HEROがかけられていたのにちょっと感動しました。)
 組手ではボクシングのようにプロテクターやグローブをつけるのですね。ちょっとイメージがなかったです。
 形は俊敏な動きと切れがかっこいい。これが、見たかった。
 この日は、和歌山の選手が、組手・成年男子(中量級)で優勝。成年女子も優勝。少年男子の形でも優勝しました。これもすごい!
 観客はいっぱい。ちょっと遠かったので、もう少し近くで、迫力を感じたかったですね。
  
 ~ ヒーローになる時、それは今! ~ 
 IMG_9466 - コピーIMG_9488 - コピー