バックステージドリーマーズのToMです。

気になるお店、和歌山市汐見町「HOBO'SBAR」で、寺町ヨーコさん主催の「伝説の夜VOL.1」が行われていました。
バーのドアを開けるとヨーコさんはじめ出演アーティストさんたちがすでに来ていたので少しお話させていただく時間がありました。音楽をしている皆さんって本当に気さくな方々ばかりで、ここ1年の間は私も精力的に演奏の撮影をさせていただきましたが誰もがフレンドリー。本当に素敵なつながりです。
今回も素晴らしい出会いをさせていただきました、ヨーコさん、ありがとうございます。
マスターの貫名さんも非常に魅力的なお人柄で、お店の撮影がてらいろいろなお話をさせていただきました。
堺ブルースフェスでは貫名さんの演奏が見られそうで、すごく楽しみにしています。
PAの和田さんもありがとうございました。

さて、オープニングアクトはKINYAさんです。
ディジュリドゥという楽器をご存知ですか?私はまったくの予備知識なし、繰り出される音に関しても初体験でした。
開演が押していて、「そろそろ始めましょうか」という感じで始まったのですが、最初の音が出た瞬間、ざわついていた店内が一気に引き込まれました。
何と表現したらよいのかうまい言葉が見つかりませんが、非常に生命感を感じる音でありながらシンセサイザーのように聴こえたり、管楽器のように目いっぱい肺活量を使うような感じではなく何か会話をするような感じ。
時にはトーキングモジュレータのようにも聴こえます。
民族楽器ということもあって、そもそもの成り立ちが違うのかもしれません。
もっとうまい表現があるはずですが百聞は一聴にしかず、機会があれば皆さんも一度体験してみて下さい。
きっと驚きと感動があるはずです。
ということで、すっかりその独特の世界に引き込まれてしまって撮影のことは置いてけぼりにしてしまいました。
あっという間に終わってしまって撮影枚数も数枚程度。すいませんでした。(苦笑

Hdensetsu その1-20190420-01Hdensetsu その1-20190420-02Hdensetsu その1-20190420-03Hdensetsu その1-20190420-05Hdensetsu その1-20190420-06Hdensetsu その1-20190420-20