バックステージドリーマーズのToMです。

アダルトなムードから一転、3組目はバリバリのロックサウンドです。
兎に角ボーカルの迫力‼、後半につれて高まっていくバンド・サウンドのテンション‼に驚かされ、相当百戦錬磨のバンドさんかと思いきや結成してまだ数か月ということ。再度驚いた次第です。
ボーカルさんの、そのパワーやシャウトに圧倒されるところはもちろんなのですが、実は細かな歌唱テクニックも持ち合わせているように感じました。ソリッドなバックの演奏力の高さや一体感も相まって、今後オリジナル曲への展開か楽しみなバンドさんですよね。
大阪のバンドさんということで、またどこかでお会いしたいです。ありがとうございました。
エバグリーンベストカバー賞を受賞。

Blog_20191201_001Blog_20191201_002Blog_20191201_003Blog_20191201_004Blog_20191201_005Blog_20191201_006Blog_20191201_007Blog_20191201_008Blog_20191201_009Blog_20191201_010Blog_20191201_011Blog_20191201_012Blog_20191201_013Blog_20191201_014Blog_20191201_015Blog_20191201_016Blog_20191201_017Blog_20191201_018Blog_20191201_019Blog_20191201_020Blog_20191201_021Blog_20191201_022Blog_20191201_023Blog_20191201_024Blog_20191201_025Blog_20191201_026Blog_20191201_027Blog_20191201_028