南紀オヤジバンドコンテスト決勝大会では舞台上手の進行ディレクターよりも舞台転換の大道具として参加していたロハス親父です。

今月に入ってからは某電気メーカーの展示会の仕事で地方巡業の毎日です。千葉県野田市に始まって栃木県矢板市、今週はやっと県庁所在地での開催と喜んでいたのですが…。

実は昨夜から和歌山市に来ています。駿府、水戸、紀伊の徳川御三家の居城のある街のひとつです。ここは紀伊國紀州のなかでも北部にあたることから紀北と呼ばれます。南紀とは違って北紀とはあまり聞かないですね。

その紀伊國の居城和歌山城のすぐ北側にあるホテルに滞在しています。滞在期間がいつも4~5日間に及ぶため、いつも近所のスーパーマーケットであらかじめ食料品などをまとめて買いこんでおくのですが、この近くにはスーパーマーケットがないようです。和歌山を代表する商店街の「ぶらくり丁」もめぐってみましたが店を閉めたところも多くて歯抜けのような状態です。県庁所在地ではあるけれども歩いているひとも少なくて寂しい感じがします。

それに対して南紀は気候も暖かくてまさにリゾート地としての雰囲気が満ちているようです。夏はシーズン本番ですが、冬も温暖で温泉地としての魅力を備えています。

城下町を歩きながら温泉やリゾートのある南に憧れます。