おいやんです。



 同じ和歌山県内でも北部と南部(南紀)ではかなり言葉が違います。



 北部では「面白い」ということを「おもしゃい」といいます。新聞の連載に「これはおもしゃいで」というタイトルを付けたところ、南紀の読者から「わからん」とクレームが来たことがありました。



 和歌山は同県人も理解できない方言がいっぱいあります。それだけたくさんの文化、風土があるということです。



 和歌浦、マリーナシティ、高野山、道成寺、白浜温泉、潮岬、熊野古道、熊野三山、勝浦温泉と観光地もたくさんあります。いろんな和歌山をいろんな形で見て感じていただければと思います。和歌山には古きよきニッポンの風景がたくさんあります。



 さて、南紀には「やにこい」「やにこう」という方言があります。答えはどなたかよろしく