南国・南紀の管理人です。

 

 クエを見て来ました!クエと言っても稚魚ですが、串本の水産試験場で放流のために生育している稚魚です。私はなかなか食べることはできませんが、近頃は白浜のホテル・旅館などで養殖クエが安定供給されているようですよ。

 それというのも近大水産研究所白浜実験場が1988年に本クエの種苗の生産に成功し、20年かけて養殖クエの安定供給ができるようになった成果だそうです。

 クエは鍋で食べるとおいしい高級魚です。

 おやじバンドのみなさん、良かったら一度ご賞味下さい。(~o~)

 



 

 幻の魚を“クエ”る旅 はいかが?(キャッチコピー) 

 

 ちなみにクエは漢字では“九絵”と書くそうです。