おいやんです。

 

 決勝大会の行われる上富田町は、田辺市と白浜町に囲まれた人口15000人の町です。

 

 町内には、熊野古道沿いに富田川が流れています。河口が白浜町富田で、その上流に位置するので上富田町。熊野の入口なので口熊野(くちくまの)とも呼ばれています。

 

 観光地ではないため、県内でも地味な存在ですが、田辺市のベッドタウンとなっているため、人口は微増しており(過疎の南紀では異例中の異例)、婚姻率は県内1位、赤ちゃん誕生率県内2位と前途洋々の町です。南紀の期待の星であります。

 

 当然子供がいる家庭が多い。ということで、軽乗用車の保有率は和歌山県ナンバーワン。それも人口1000人あたり(もちろん子供も数に含め)に軽乗用車が233台ですから、町内のヤンママは、ママチャリならぬママケイが主流です。

 

 ダイハツさん、スズキさん、スポンサーになっていただけませんか(*^_^*)