南国・南紀の管理人です。

 

 秋の連休は運動会からです。

 準備のため、役員は学校に集合です。台風もそれて天気は心配なさそうです。みんながんばれ!(^-^)

 

 

 帰り際に二宮金次郎の銅像があることに初めて気がついた。どこの学校にでもあるものというイメージですが、私の学校にはなかった(と思う)ので新鮮な感じです。

 この方は勤勉さの象徴でもありますが、あちこちの学校にあるのは、戦前の国威発揚や教育道徳などによる国策に利用されたからとのことです。でも農村を立て直すなどの本人の実績は今でも評価が高く、小学生の理想として手本にして欲しいとの思いからそこにあるのだと思います。

 きれいな校舎や塾に忙しい子ども達など隔世の感がありますが、ただ知らないままそこにいるだけではもったいない気がしますね、金次郎さん!