南国・南紀の管理人です。

 

 BOOK3の発売で話題の「1Q84」のBOOK2を読んでいるところですが、車を運転していたら、FMラジオでヤナーチェックの「シンフォニエッタ」が流れてきました。この本の中でよく出てくるのですが、クラシックとしては今まで聞いたことのない異色な感じがありました。この本を機に聞いた人が多いとのことです。

 

 少しずつしか読めていないのですが、村上作品は評判のように引き込まれます。村上作品には、必ずと言っていいほどとある曲が重要な要因として印象づけられているケースが多いですね。

 

 この冬に公開の映画「ノルウェーの森」もそうですね。(^-^)