南国・南紀の管理人です。

 

 龍馬が咸臨丸に遭遇。(大河ドラマ「龍馬伝」より)

 日本の黒船と言われる咸臨丸は勝海舟が船長として太平洋を往復した軍艦です。

 咸臨丸に乗って大感激する龍馬はこれからの時代の混沌を吹き飛ばすくらいいきいきしてます。福山さん少しオーバー気味な感じもしますが、新鮮なイメージがいいですね。

 サディスティック・ミカ・バンドの「黒船」のようにこの時代をテーマとした楽曲がもっとあってもいいのではと思います。激動の時代はまるでロックな感じではないでしょうか。日本の夜明けをもっと音楽で感じたいですね。(^_-)