南国・南紀の管理人です。

 

 1Q84 book3(著者 村上春樹)を読みました。

 一応収まりのいい終わり方でしたが、謎がまだまだ証されていません。続いていくのかな。これで終わるもよし、続くもよしという気持ちですね。

 ふと新聞を見ると、この物語に出てくる二つの月(マザとドウタ)を思わせる記事が載っていました。月ではないのですが、この不思議感は物語りの続きをみているようです。一度みてください。

 

 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 http://www.agara.co.jp/modules/dailynews/article.php?storyid=189781

 

 

☆風邪が治ったと思ったら、なぜか微熱が下がらず船酔い状態。中途半端な気持ち悪さが続きます。こんな風邪は初めてです。(*_*)