南国・南紀の管理人です。

 

 セ・パ同時開催がほぼ決まった昨日、プロ野球選手会の新井会長は男泣きとの記事。

 球団経営などの事情があり、たくさんの関係者の思惑が交錯する中、一貫して主張を続けていた選手会の意志はすばらしいと思います。

 当然と言えば、そう思えますが、実際には抵抗はとても大きく意識の格差を乗り越えるのはたいへんだったと思います。今回は国民の世論も強くいい結果となったと思います。これをきっかけに日本人としての心意気を互いに養えればと思います。