南国・南紀の管理人です。

 

 ネット配信やカラオケ等での著作物使用料の2010年度のランキング1位が新世紀エヴァンゲリオンの主題歌「残酷な天使のテーゼ」だったそうです。もちろん、当コンテストの審査員・及川眠子さんの作詞です。

 

 ところで、この歌詞は少し哲学的で難しい内容ですが、前から少し気になっていた言葉の意味をこの機会に調べてみました。

 

 ♪ほとばしる熱いパトスで

  思い出を裏切るなら

  この宇宙(そら)を抱いて輝く

  少年よ 神話になれ

 

  ・・ の「パトス」って何のことか?

 

→ ギリシャ語で、pathos - 「感情的・熱情的な精神」の意味なんだそうです。(Wikipedia)

 うーむ、やはり情熱だったんですね。

 

 でも、いまや少年だけじゃない!

 オヤジたちも 神話になるべく がんばらなきゃ。もちろん、楽器持って!(^-^)♪

 と及川先生も思ってらっしゃるはずです!(勝手な推測ですが^^;)