南国・南紀の管理人です。

 

 NHKの大河ドラマ「平清盛」の視聴率が取り沙汰されていますが、この時代は戦国時代や幕末に比べるとマイナーな面があり、最初からそういう面では不利なところがあったのかもしれません。でも、これがこれがなかなか奥深い。マイナーな時代ゆえに新鮮さがあるともいえます。いろいろと評価はありますが、私は配役といい、映像美といい、気に入って見ています。(^-^)

 平家はその栄華の陰に、熊野への信仰があったということにスポットがあてられています。この縁を歴史ロマンとして、熊野本宮をめぐる企画が「平家すごろく」です。

 滞在プランや、健美プラン、リフレッシュプランが提唱され、千年前の物語とのシンクロ感が味わえるのではないでしょうか。(^_-)

 



 

☆詳しくはホームページ 

 http://www2.w-shokokai.or.jp/hongu/khh/

 



NHK大河ドラマ 平清盛より